読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTML勉強メモ

HTMLやJavaScriptなどのことについて書いています。

ボタンを押すと乱数が取得できるプログラム

ボタンを押すと乱数が取得できるプログラムの作る方法について

サイコロやおみくじのプログラムを作った際に使用した「Math.floor(Math.random())」を利用する。

過去記事
htmlst.hatenablog.jp
htmlst.hatenablog.jp

1~10までの乱数を取得するプログラム

乱数を取得する部分で10+1とすることで、1~10までの乱数を取得することができる。

<form><input type="button" value="乱数の取得" onClick="random()">
<span id="ransuu">表示場所</span></form>

<script type="text/javascript">
function random() {
var num = Math.floor( Math.random() * 10 + 1 ) ; //乱数の取得
document.getElementById("ransuu").innerHTML = num; //乱数の出力
}
</script>

表示例


表示場所


1~100までの乱数を取得するプログラム

表示例


表示場所


1~1000までの乱数を取得するプログラム

表示例


表示場所


まとめ

今回書いたこと
・ボタンを押すと乱数を取得できるプログラムについて。
・1~10、1~100、1~1000の乱数を取得するプログラムについて。

関連記事
htmlst.hatenablog.jp
htmlst.hatenablog.jp
htmlst.hatenablog.jp