HTML勉強メモ

HTMLやJavaScriptなどのことについて書いています。

HTMLで文字化けしないようにする方法

スポンサーリンク

HTMLで文字化けしないようにするには

HTMLで文字化けしないようにするためには、
headタグ内で文字コードを指定する記述を行う。
(日本語が出現する前に文字コードを指定する)

記述を行う場所

<html>
<head>

この部分に記述を行う

<title>タイトル</title>

</head>
<body>
ページの内容
</body>
</html>

文字コードを指定する

UTF-8で指定する場合

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">

・Shift-JISで指定する場合

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">


(使用例)
UTF-8で指定する場合

<html>
<head>

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">

<title>タイトル</title>

</head>
<body>
ページの内容
</body>
</html>

文字化けしない記述を書かないとどうなるか

上記の(使用例)の場合、titleタグ内の「タイトル」や、bodyタグ内の日本語も文字化けしてしまう。

まとめ

・HTMLで文字化けしないようにするためには、headタグ内で文字コードの指定を行う。
文字コードの指定には種類がある。

読まれている記事
htmlst.hatenablog.jp
htmlst.hatenablog.jp
htmlst.hatenablog.jp

広告を非表示にする